2012年06月09日

Linda Muscle


マッスル録音に関していままでネットでいろいろと見ているが 中にリンダ ロンシュタットの名前も出てくる
はて? リンダにそんなレコがあっただろうか…と多少気にしつつも今までスルーしていた
最近のこと やっと分かりました ソロ名義になっての3枚目
 72年の【Linda Ronstadt】 同名盤だった 
イーグルス結成のベースとなったアルバムとして知られるこれ 聴いたことなかった 

カントリー色がまだまだ濃いねえ…悪くないが良くもない 
明らかなマッスル音色はエリック カズ作の3曲目 
ラストの "rescue me" は選曲からしてマッスルかと思ったが 
マッスル録音でこのように guitar oriented になることはまずないしライヴだった… 
マッスルカラーが乏しいなと思ってネチれば 結局この1曲のみですかい!
これはどういうことだろう わずか1曲の録音のためにアラバマまで飛ぶだろうか 
アラバマで録ったオケだけを送らせて歌入れはロス? (コーラスが たとえば ローズ/チャーマーズ/ローズなどならマッスルと分かるがここではメリー クレイトンらの声だろう…歌&コーラスの録りがロス臭い)

ストーンズがそうだったように 2〜3日の滞在で
2〜3曲だけ録った可能性もあるか うち1曲の採用と 
マッスル人気に火が着き始めだったのかもしれない 
リンダ本人 もしくはプロデュースのジョン ボイランが…どんなスタジオかちょっと覗きにいってみようヨ(?) 
それだけで飛んできた可能性も…なくはないが 

(蛇足だが ジョン ボイランとテレンス "ブーナ" ボイランが兄弟と 今知った)


Linda Ronstadt - I Won't Be Hangin' Around

ベケットのエレピ 「ドドドドド」と入るホーキンスのスネア(タム?) 
紛れもなくマッスル録音 (ティッピー アームストロングのギターは ピート カーの柔らかさがないがね) 
ボズのマッスル録音 "I'll be long gone" に近い 

posted by Denny_O at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274212240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。