2014年05月24日

アーカイヴに_バンド盤はオミット


Canned Heat といえば…
73年のLP【one more river to cross】
これはマッスル録音盤なんだがね
produced by Roger Hawkins & Barry Beckett

マッスル追いかけのワタシだけれど
「この手」は箸休め盤_この手とはバンド盤 
重要視していない 
やはりマッスル録音の真骨頂はバックメンツの妙_
スタジオミュージシャンとのセッションのクオリティが
問われる なのでバンドメンバーのみでの録音となると
別にマッスルじゃなくてもいいじゃん_と.
過去には オーリアンズ(first) やアメイジングリズムエイシズ
レナードスキナードなど何枚か採り上げたが やはり
マッスル妙味は皆無
ストーンズの録音もあったな_wild horses/brown sugar+1

ちょっと違ったのは
Bob Seger and the Silver Bullet Band
ボブ シーガーという人はバレットバンドを率いる前 ソロから
マッスルをひいきにした_白人では一番マッスル録音が多い人で
バンド名義盤になってからも そのバンドとのデトロイト録音と
単身マッスルへやってきての録音を アルバム毎に半々で入れていた
それほどにマッスルひいき(マッスルリズム隊に全幅の信頼を
寄せていたのだろう) なかには バンド名義なのに
マッスル録音のほうが多いという盤もあったほどのマッスル男 

++++++

【blackfoot /no reservations】
https://www.youtube.com/watch?v=dfGHDh4jFqM
Produced by Jimmy Johnson and David Hood

この75年盤は ヒート盤がホーキンス/ベケットなのに対して
ジョンソン/フッドによるマッスル録音
で これもバンド盤なのでオミットなんだな
聴くとおりに 小粒のレナードスキナード
それもそのはずで 率いたのはスキナードのオリジナルドラマー
だったかな?_ Ricky Medlocke

++++++++


1405cannedheat_muscle.jpg

追記:ヒートの【one more river to cross】は
ジャケイラストがワタシの好きな Drew Struzan なんだが
これはちょっとなぁ…(↓のスターシップ項参照:この
盤のデザインも Pacific Eye & Ear)

なお収録うちこの曲のみは
ホーキンスの素晴らしいドラミングがマッスル録音
を証明していてグッド! with Muscle Shoals Horns
https://www.youtube.com/watch?v=joIoVEbcvYI




posted by Denny_O at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397760834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。